卵子の数について

30歳から妊活している人も珍しくなくなりましたね。
それだけ女性の社会進出が見られるということで、結婚や育児を後回しにしている女性が多いということです。

確かに仕事は面白いですよね。
やりがいもありますし、達成感もあります。でもでもでも・・・。
産みたい!と思った時、体が産める体であるかどうかっていうのはもっと重要なことなんですよ。

特に35歳を過ぎている人は要注意!
毎年産婦人科でチェックを受けることをオススメします。

なんてったって、女の人は生まれもって卵子の数が決まっているのですから!

ええ~ってビックリした人、はい、アナタ減点でーす。
女子なら知っておいてもらいたい、この事実。
卵子はすでにベビーでママのお腹にいる時から作られていて、産まれる瞬間にはすでに200万個まで減ってるって言われています。
胎児の状態では500万個あると言われています。

で、卵子は200万個出来て、毎月赤ちゃん時代から1つ1つ消去されていくんですね。
初潮が始まるまでにすでに何個捨てちゃったんだろう・・・ってなもんです。
30歳を過ぎると赤玉卵子が少なくなり、白玉卵子が増えていきます。
え?赤玉、白玉ってなんのこと?って?

つまりはあたりくじと、残念賞って感じです。
毎月生理がきっちりある女性でも、30歳をすぎると「あたり」の卵子は少なくなっているんです。つまり卵子の老化という現象です。
ピッタリ夫婦生活をタイミング合わせてしたつもりでも、老化した卵子に出会った精子はうまく合体しないんですよね。
ですから、赤ちゃんが産まれにくくなる。
年齢を重ねると白のはずれくじが多くなるので、ますます産めなくなる。
そんな感じです。
ベビーとのご対面までは本当に奇跡の連続で起こっているんですよ。
32766120
妊婦生活も楽しいばかりじゃありませんが、妊活中はもっと大変でしょう。
体外受精を考える人もいますが、コストがかかりすぎです、日本。
少子化が叫ばれている今、もっと手厚い補助が必要ですね。
あなたの卵子は大丈夫?
まだ産婦人科チェックを受けたことのない人は1度受けてみると安心しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>