命がけの出産 その2

6月24日のこと。
深夜トイレで起きた私は2Fにあるトイレへ向かいました。
トイレについたと同時にドバッと何かが出て、そのはずみでパンツが落ちました・・・。
こんなにドバッと出るのは破水!?
と思い、そく主人に相談。確かに破水のようです。
そして病院へ連絡し、入院道具を用意して来院して下さいとのこと。

わー!まさか破水から始まる出産なんて予想外!

でも入院準備はしっかり出来てたし、あとはこまごましたものを集めて、(すぐに陣痛が来ないのは分かっていたので)娘を起こして実家に連絡して深夜実家に娘を預けていざ病院へ!運転は主人です。

病院について調べたところ、リトマス紙みたいなもので羊水かどうかを判断するらしく、やはり破水だということでその夜はどうしても今回は立会い出産したい私と主人はねばっていたんですが、陣痛が全く来ないので一旦主人は帰宅し(ちゃんと助産師さんに子宮口見てもらってから!)、娘を保育園に送って一旦会社へ出社。

25日はお昼から主人も病院へ来て、促進剤を追加して陣痛を待つ私と主人。
しかし陣痛起きず、夜が明けていく・・・。
ので、主人は12時過ぎくらいに帰宅し、私は一般病棟のベッドに一度引っ込むことに。

今まで行っていた処置は全て陣痛室で行っていたのですが、一般病棟に引っ込むことにしました。
促進剤って言っても、すぐに効くというわけじゃないのね。

徐々に痛みが強くはなってきたけれど、まだまだって感じでした。

一般病棟に移ってすやすや・・・と眠りかけていた、まさにその時!
ドバ!
とまたきました・・・・(汗)。1時半か2時くらいだったと思います。
今度は完全なる破水で、すぐに陣痛室へ。
痛みが徐々に強くなり、促進剤がようやく効いてきたのか、とにかく上の子のときより、痛みが酷い!
しかし叫ぶほどじゃないけれど、しかし痛い。
そして主人もようやく到着。
陣痛室にいる時に到着してもらったからちょっと気がラクになってそのせいで痛みも倍増!みたいな(笑)。

さて、その後どうなったでしょうか・・・。
続きはまた次週。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>