妊娠力は大丈夫?

現代の女性は、大学を卒業したら働くのが当たり前になっていますよね。
就職活動なども3年の冬から行っているところも多いです。

結婚、出産はまだまだキャリアを伸ばしてから・・・と思っている人も多いのではないでしょうか?
しかしいざその時がきて、果たして子供が欲しいと思った時、あなたに妊娠力はあるのでしょうか?
それも含めて人生のプランを考えねばなりませんよね。

人生プランは早めに立てておくことが大切です。
キャリアウーマンでばりばり働くも、結婚しても正社員で頑張るのもあなた自身です。しかし待ってくれないのが妊娠力。
妊娠力とは、どの程度妊娠できる力を持っている卵子があるかという点がポイントです。

mom-and-baby-having-fun

産みたい時にはすでに遅かった・・・なんてことにならないように、婦人科検診には毎年1回、予定のない人でも必ず行ったほうが良いでしょう。
婦人科検診を躊躇するのはまだそれほど周知されていないという部分と、さらには恥ずかしいという意見もあります。
しかし妊娠が分かってから子宮頸がんが見つかったり、子宮になんらかのトラブルを抱えていると判明すると、赤ちゃんのその後にも影響が出てくる可能性があります。

また自分の体が妊娠に向いているかどうかも早めにチェックしたいものです。
妊娠中に風疹にかかったり、おたふく風邪にかかったりすると赤ちゃんに影響が出る場合もあります。
ですから普段から自分の子宮のことをもっと大切に扱うことが大切なんですよ。
年に1回でよいので彼氏がいる人も、だんなさんがいる人も、子供の予定がない人も、
自分自身の体と向き合う良い機会です。

婦人科外来を受けてみましょう。

それで問題がなければ、1年穏便に過ごすことが出来ますし、また自分の体のリズムを知ることも出来ます。
もしも万が一、赤ちゃんが出来たという場合でも婦人科にかかりつけがあれば安心です。
産みたい時に産める体になっておくことは絶対条件なんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>