卵子の数には限りがあります。急いで!

Leave a comment

子供を産みたい、と思った時にあなたの身体は産める身体になっているでしょうか。
実は最近は晩婚化が進み、子供を産みたくても産めない女性が多いのです。
何故そんなことになるのでしょうか。
答えは卵子の数にあります。

女性の卵巣にある卵子の数は、実は産まれる前から決まっています。
妊娠4ヶ月頃が最も多く、1000万個と言われています。しかし徐々に減っていき、出産したての赤ちゃんには200万個の卵子しか残っていません。
これが毎月1個プラス100個ずつなくなっていくため、年齢がいった時に子供が欲しいと思っても卵子が足りないという可能性があるわけです。
卵子が足りないというよりは卵子の質が悪くなっているということが言えます。

卵子の数少ない中から、最もよい状態の卵子と精子が結びつかなければ胎盤に着床しないのです。
卵子の数のことは以前のブログでもお伝えしましたが、つまりは赤玉と白玉です。
アタリの赤玉が毎月出ているとは限らないんですよね。白玉のことだってよくあります。
というより、年齢を重ねてくると、卵子の質はどんどん悪くなっていきます。
かりに着床してもすぐに流産してしまったり、早産の危険性が潜んでいます。

卵子の曲がり角はお肌と同じく35歳です。
35歳を過ぎるとガクンと卵子の質は落ち、赤玉が出ることが少なくなります。
あたりが少ない分、精子と接触しても受精卵にはなってくれないんですよね。

これを防ぎたいというなら、妊活が大切です。
日々の食生活、外食ばかりに頼っていませんか?バランスよく食べれていますか。
またBMIは22前後が最も好ましいといわれています。
痩せすぎでもダメですし、太りすぎでも妊娠しやすいとはいえないのです。
見た目年齢ばかり稼ぐのではなく、インナーケアをしっかりして元気な赤ちゃんを産むためにも、
適度な運動、そして冷え性を改善したり、バランスの良い食事を摂ったりと日ごろから出来ることはしておきましょう。

エコーは医師にとってはドキドキもの

Leave a comment

妊娠が判明すると次のようなエコー写真を毎回もらうことが出来ます。
でもエコーをする瞬間って、医師にとってとっても重要で緊張する瞬間なんですって。

03_1

これはもう頭と胴体がわかれている週数で言えば8週くらいの写真でしょうか。

実は医師は毎回エコーのたびに、胎児が元気に成長しているのか、心拍は正常か、ドキドキものだということなんです。
私達ママやプレママにとってはエコー写真は記念写真と同じくらい大切なものですよね。
それくらい嬉しいものだけれど、医師にとっては嬉しいとは程遠いものらしいんですよね~。

確かに私も一番初めの妊娠を流産しているので、エコー写真を見ても実感が湧かないというか、
次の写真をもらえるまで頑張って育ってほしいっていう気持ちのほうが大きかったなぁ・・・と思い返していたりします。

2番目の子は、出来たらいいやっていう感じで、自然に妊娠できた子だったので、
奇跡の子。
として私の中では絶対何をしても(食べても飲んでも)大丈夫って思ってました(笑)。
でも最初の子は出来るのに1年かかったので、全部が全部慎重そのもの。
エコー写真だってうまく写っているか心拍が毎回確認出来るかそりゃドッキドキものでしたよ。

安定期に入ってようやく安心したって感じですかね。
最初の子と2番目の子の差が凄い凄い(笑)。

でもエコー写真、最近は3Dにもなっているんですよ。
立体的な赤ちゃんの写真が分かる・・・というのですが、この3D写真、あんまり私には嬉しくなかった。
というのも、通常の写真のほうが分かりやすかった(見やすかった)から!

3Dも見慣れるとそこそこ見えるんですけど、普通のエコー写真のほうが私には合っていました。

妊娠ってそれだけで奇跡なことで、タイミングを合わせて排卵日に妊娠する確率は20%しかないんですって。
以前赤球白球の話をしましたが、まさにそんな感じです。
年齢を重ねるごとに難しくなりますし、一人っ子じゃなくて兄弟がほしいという人は
自分の人生スケジュールをしっかり決めておかねば高齢出産という難しい出産になってしまいます。
出来れば妊婦も胎児も元気で産まれてほしいものです。
そのためには生活習慣の乱れなども整え、来るべきときに備えるということが大切です。