卵子の数について

Leave a comment

30歳から妊活している人も珍しくなくなりましたね。
それだけ女性の社会進出が見られるということで、結婚や育児を後回しにしている女性が多いということです。

確かに仕事は面白いですよね。
やりがいもありますし、達成感もあります。でもでもでも・・・。
産みたい!と思った時、体が産める体であるかどうかっていうのはもっと重要なことなんですよ。

特に35歳を過ぎている人は要注意!
毎年産婦人科でチェックを受けることをオススメします。

なんてったって、女の人は生まれもって卵子の数が決まっているのですから!

ええ~ってビックリした人、はい、アナタ減点でーす。
女子なら知っておいてもらいたい、この事実。
卵子はすでにベビーでママのお腹にいる時から作られていて、産まれる瞬間にはすでに200万個まで減ってるって言われています。
胎児の状態では500万個あると言われています。

で、卵子は200万個出来て、毎月赤ちゃん時代から1つ1つ消去されていくんですね。
初潮が始まるまでにすでに何個捨てちゃったんだろう・・・ってなもんです。
30歳を過ぎると赤玉卵子が少なくなり、白玉卵子が増えていきます。
え?赤玉、白玉ってなんのこと?って?

つまりはあたりくじと、残念賞って感じです。
毎月生理がきっちりある女性でも、30歳をすぎると「あたり」の卵子は少なくなっているんです。つまり卵子の老化という現象です。
ピッタリ夫婦生活をタイミング合わせてしたつもりでも、老化した卵子に出会った精子はうまく合体しないんですよね。
ですから、赤ちゃんが産まれにくくなる。
年齢を重ねると白のはずれくじが多くなるので、ますます産めなくなる。
そんな感じです。
ベビーとのご対面までは本当に奇跡の連続で起こっているんですよ。
32766120
妊婦生活も楽しいばかりじゃありませんが、妊活中はもっと大変でしょう。
体外受精を考える人もいますが、コストがかかりすぎです、日本。
少子化が叫ばれている今、もっと手厚い補助が必要ですね。
あなたの卵子は大丈夫?
まだ産婦人科チェックを受けたことのない人は1度受けてみると安心しますよ。

3歳でオムツは遅い?

Leave a comment

我が家の長女、本来ならひとりっこのはずが私がもう1人欲しいということで、一応長女になった3歳の娘。

しっかーし。
12月生まれで、何より誰よりも成長が遅いのが特徴なんですよね。
別に特に気にしているわけではありませんが、遅いな~~~~としみじみ感じてしまうことが多々あります。

寝返り5ヶ月、ハイハイは・・・???
歩けるようになるのに1歳と5ヶ月かかり、言葉もちょっと周りの子より遅れているみたい。
というか一番仲良しの3ヶ月遅く生まれた子のほうがしっかりしていた・・・って事実もあります(笑)。
まぁゆっくり成長してくれればいいなと思います。そのほうが子育ての楽しみっていうものを長く味わうことが出来るから。

ところで子供のオムツって何歳で取れるんだろう?
って気になりますよね~。
我が家はおしっこは時々教えてくれるものの、絶対うんちは教えません!

我が家の愛用アイテムパンパース。
10時間吸収っていうのがイイ。(娘肌強いしかぶれない)
KIMG0523
寝る前につければ翌朝までしっかり吸収~★
というわけで、オムツはまだまだ取れないうちの長女。
言葉は3歳になってから急に発達しだして、主人と2人で真剣な話をしていたら、横から割り込んでくるようになりました。
自分も入れてってアピールです。
自分を通さずに話しないで!
みたいな感じでしょうか。

保育園のほかの子は殆どオムツが取れています~。
保育園だと取れるの早いよって誰からか聞いたんだけどそんなことない!
ていうか、家でもオムツだからまだ教えないのか?
パンツにしたら教えてくれるのか?
園ではパンツをはいていますが、パンツの中に出しちゃう娘。
おしっこは上達したのにね~家でも教えてくれるのにな~。
その日の気分によってコロコロ変わるのがまた厄介な。

でも小学生になってもオムツしてる子なんて見かけないし、これはこれでゆっくり成長してるんだな、と思って見守っています。

体重は何キロまで増やしていいの?

Leave a comment

って、そのまんまやがなー!
なタイトルです。妊娠育児ブログです。

さてこのブログも1ヶ月を超え、徐々に内容が濃くなってきていますね。
私、実は長女の時は体重管理を全然しなかったんです。
何故か?

それは、特別管理しなくても体重キープが出来ていたから!
まさに、赤ちゃんの体重だけ、羊水分だけしか増えませんでした。
普段の食事を考えると、おやつは食べていたけど、愛犬の散歩も行くし、ホント里帰りまで食生活は普通だったので、つわりで食べ過ぎて増えるとかなかったんですよ。
だから出産後、いつもの体重に戻るのが早いばかりか、それ以下にダイエット出来てしまったという嬉しいオマケがついてきました(笑)。

しかし・・・。今回の妊娠は違う!
やっぱ、夏の子と冬の子って違うのね!
まず、今回はつわり時が冬だったので、気持ち悪さが寒さで軽減されて、体重が落ちなかった。
そして食欲がすごく湧いたというより、ちょこちょこ食べないと気持ち悪くなってしまったので、ちょこちょこ食べが始まり、それがクセになって?未だにやめれず(笑)。

というわけで、現在プラス9キロです。
前は助産師さんにギリセーフって言われてたんですけど、次の診察まで不安だよ~怒られるのって好きじゃない。(当たり前。誰でも)

しかし、こんなに体重制限をしているのって日本くらいなんですって。
アメリカとかに行ってしまえば、もっと食え、どんどん食えってな感じでホント、むやみに栄養つけさせられるようですね。
まぁ栄養つけるに越したことはないけれど・・・。

ところで、何故体重をそこまで増やしてはいけないと知っていますか?
一気に体重が増えると、産道にも脂肪がついて、赤ちゃんを出産する時、赤ちゃんが狭くて通り抜けられない、ということがあるからなんですよ。
まぁ長女の場合、スポーンと3回で出てきちゃいましたが。

さて今回は10キロオーバーも見えてきたこの頃。どこまでいくんだ体重。
自分でも今回も食生活は大幅に変わってないと思っているのでちょっとドキドキ。

あまり体重が増えないのも低体重児が産まれる可能性があるので、やっぱりそこそこの体重の増え方は仕方ないみたいですね。
ちなみに増やしていい体重のキログラムは、その人の体格や骨格、筋肉のつき方で変わるようです。

鉄分不足にはプルーンを!

Leave a comment

妊婦の皆さん、プレママの皆さん、いきなりですが鉄分は足りていますか?

もともと女性は貧血もちの人も多く、鉄分が毎日の食事で不足していることが多いんですよ。
妊婦ともなれば、鉄分、つまり血液は胎盤を通してベビーに渡ってしまうので、血液が薄くなったり貧血状態になることが多々あるんです。

ですから、妊娠が分かったら常におやつとして食べてもらいたいものがあります。

プルーンです!

KIMG0509

今ではスーパーなどに手軽に食べられるプルーンがたくさん並んでいます。中でもオススメなのは種無しプルーンですね。
小袋に入っているものもあるので、外出先でも食べることが出来ますが、基本私は大袋徳用サイズを購入して食べてました。
ま、クチをゴムでしばっておけば乾燥も防ぐことが出来ます!

つわり時でもプルーンだけは食べ続けています。
現在妊娠9ヶ月になっている今もプルーンはおやつとか、ちょっとした時に口にしていますよ。

プルーンが何故良いのかは、鉄分がしっかり入っているから!
妊婦で気をつけなければいけないのは鉄分不足や妊娠糖尿病、高血圧などです。
中でも貧血気味になっている女性は鉄分がホントすぐに不足して立ちくらみなど危険な原因になりやすいのでプルーンは手軽に摂取出来る鉄分としてはオススメです。

小魚を食べてもいいらしいですね♪
しかし私はプルーン派です。

こんな涙ぐましいつわりという症状を乗り越えても、探偵による浮気調査をしているプレママさんが意外に多い事実。
男性の浮気ってつわりしてる奥さんより大切か!?とかコミュニティを覗くと凄いことになっていますよ。

これだけプルーンを食べていても(一週間に一袋)血液が若干薄いと検査では言われています。
ほんと、食べてないと出産の時に大変ですよ。

出産は少量の出血から始まりますが、その後おろという胎盤のカスが出てくるんですけど、それは殆ど血の塊。
鉄分が不足しがちな妊婦さんが、出血多量なんてなると、気を失うこともあるらしいんですよね。

ちなみに私は長女は出血多量で産みました。
胎盤が出てこなくて、引っこ抜いたりおなかの上に助産師さんが二人乗っかったりして、通常のお産より出血過多だったんですよ。

若干フラフラしましたが、プルーンのお陰か、翌日すぐに歩いてもOKになりました。

妊婦の皆さんには是非プルーンをオススメします。
1日2、3個で充分な量が取れますから、是非とも!苦手な人も克服しちゃいましょう。